3)日商簿記2級の勉強時間・難易度

スポンサーリンク

日商簿記2級の勉強時間・難易度・独学で成功する勉強法

日商簿記検定2級合格に必要な勉強時間や難易度などです。
私の実体験からの考察です。

日商簿記2級の勉強時間

簿記3級の知識があることが前提です。
ここでの勉強時間は日商簿記3級レベルの知識を持っている段階から始めていくらかかるかを示しています。

ユーキャンでは1日1時間で6ヶ月と紹介しています。
6ヶ月×31日間×1時間=186時間

1ヶ月=31日で換算してちょっと割り増ししていますが、ちょっと厳しいかな?という印象。

独学で勉強するなら、個人的には220時間は欲しいところです。

LECから「20日で合格(う)かる」というキャッチフレーズの教材が市販されていました。

簿記3級で紹介した教材の簿記2級バージョンです。
おそらく1日10時間以上の勉強を想定しての20日なのだと思います。
やはり20日というのはかなり厳しい数字だと思います。
ですが、これくらいの短期間で実力をつけることは可能です。

平日2時間+休日5時間で試算すると、
2時間×5日間+5時間×2日間=20時間/週
220時間÷20時間/週=11週間

2ヶ月と3週間あれば簿記2級合格です。

「毎日忙しいのにそんなに勉強時間とれないぉ(´・ω・`)」
という方はこちらをご覧下さい→自由時間の作り方

日商簿記2級の難易度  ~そんなに難しくない?~

日商簿記検定2級の概要です。
過去22回分の平均で算出しています。
受験率:75%(申し込みをして実際に受験する人の割合)
合格率:30.7%
合格基準:70%以上
本試験時間:2時間
受験者数:約5万人(実際に受ける人)
受験日:6月、11月、2月(年3回)
受験料:4,500円
主催:商工会議所

日商簿記2級では商業簿記と工業簿記の2科目が試験範囲です。
2時間の間に両方をこなします。
時間配分は自分で決めましょう。
おそらく時間が足りない、ということにはならないと思います。

合格率は平均して30.7%ですから決して低くはありません。
しっかり対策を立てていれば大丈夫です。

日商簿記2級の勉強法

簿記2級も独学で合格が可能です。
簿記2級も市販の教材での独学で十分対応できます。
3級同様書店で自分に合いそうな教材を選びましょう。

商業簿記と工業簿記にテキストと問題集が1冊ずつあるので計4冊。
4冊で総額4,000円前後でしょう。

勉強法は簿記3級と同じで、各単元ごとにテキスト→問題集の流れで学習範囲が一通り終わったら、
今度は問題集だけを解いていきましょう。

分からない場合はその都度テキストで復習します。
簿記検定用の勉強方法は↓で紹介しています。参考にしてみてください。

簿記検定本試験用の勉強法

ただ、簿記2級には若干難解なところもあるので、本から本質を汲み取ることが難しいこともあります。
確実に実力をつけたいのでしたら、専門学校を利用する手もあります。
彼らは人にモノを教えるプロ集団ですから、非常にわかりやすく、理解力の向上と勉強時間の短縮につながります。
お金との費用対効果を考え、どちらがお得なのかを考えましょう。

実際、簿記2級に合格した後に、専門学校で1級の勉強を始めてみて2級の範囲の知識が曖昧だったことが判明しました。
独学の怖いところではあります。

強制されないと動けない人は専門学校の方がいいかもしれません。

管理人TOKEIのおすすめ教材→日商簿記検定2級用教材
管理人TOKEIのおすすめ学校→簿記検定を学べる専門学校

フォローする