1)簿記の勉強法

スポンサーリンク

簿記の勉強法

簿記はとっつきにくい印象があります。
と言うのも専門用語がたくさん登場し、その概念の理解のし難さが敷居を高めているようです。

そこで私が実践してきた途中でめげない勉強法をご紹介します。

簿記の勉強に限らず、新しい分野を学習する上での効率の良い勉強法です。

簿記の勉強法① ざっくりと読み進める

簿記に限らずどんな勉強にも言えることですが、全く未知の分野を学ぶ時、始めから細部にこだわると勉強はなかなか前へ進みません
大枠をつかみましょう。

大体何をやっているのか(どんな単語が出てくるのか)を漠然と把握しながら、意味が分からなくても「ふーん」と思いながら先へ進みましょう。
具体的には巻頭の目次や章の導入文だけでも構いません。

とりあえず教材の全ページを15~30分くらいで読んでみましょう。

簿記の勉強法② 一回勉強して理解することは不可能

分からなくて当たり前の精神です。
私は独自に「りんごアップルの法則」なるものを勝手に提唱しているのですが、人の記憶というものは一回情報を入力しただけでは定着しません。

繰り返し、記憶を更新してやって、やっと定着するものなのです。
だから、

「一度勉強したところなのにどうして問題が解けないんだろう(´・ω・`)」

と嘆かないでください。
前提が間違っています。

1回や2回勉強したくらいで覚えていないのは当たり前」という発想に切り替えてください。
そうすれば

「今回問題が解けなかったのは、まだまだ記憶の定着がなされていないからだ。もっとやろう(`・ω・´)」

とポジティブに考えられるようになります。
できるようになるまで何度も何度も繰り返しましょう。

加えて、一度テキストを読んで理解できなくても、時間をおいてからもう一度読んでみると
驚くほどスラスラ頭に入ってくることがあります。
これは勉強に限らず反復練習が必要なこと、スポーツや楽器の演奏にも共通することだと思います。
初めてのことでも1度、2度と経験することで頭の中でその情報を受け入れる土台が築かれるのではないでしょうか。
(余談ですが、私は幼少の頃ピアノを習っていたのですが、どうしてもできなかった曲が
1週間経つとできるようになっていた、という経験を何度かしています。もちろん練習はしましたが)

簿記のテキストを読んでいてどうしても理解できなければ、一旦そこで止めてしまいましょう。
そして、しばらく時間をおいてから(2,3日もしくは1週間とか)
もう一度同じ箇所を読み直してください。

きっと前より分かるようになっているはずです。

簿記の勉強法③ 以前学習した単元も復習する

復習が大事です!
当たり前ですが、学習を進めていく上で、以前に学んだ箇所も復習していきましょう。
人の脳は3日間くらいで覚えたものを忘れてしまうそうです。
一所懸命頑張って覚えても、記憶を更新してあげなければ、徐々に忘れ去ってしまいます。
時々復習をして記憶の更新を怠らないで下さい。

フォローする