TOKEI

簿記3級講座

(4)三分法の方法

前回、商品売買の仕訳には2通りあることを説明しました。分記法と三分法でしたね。簿記3級を受験する上で分記法の仕訳方法も一応覚えておいてください。出題される可能性はあります。ただし問題に指示がない限り三分法を使うのが普...
簿記3級講座

(5)付随費用(ふずいひよう)

付随費用とは? さて商品売買の基本が分かってもらえたところで、もう一つ。仕入の価格はどうやって決めましょう? どうやってって、そりゃ仕入先との交渉じゃない? ...
簿記3級講座

(6)掛取引(かけとりひき)・手形取引

掛取引(かけとりひき)・手形取引 商品売買では現金以外でも取引をすることがあります。掛取引や手形がこれにあたります。 かけ? てがた? 掛...
簿記3級講座

(7)手形について

手形ってどんなもの? 簿記の勉強をしていると手形を受け取ったら「受取手形」、支払ったら「支払手形」という勘定科目を習います。 手形というのは代金の支払いに使えるものなんだな~と、なんとなく想像できます。 ...
簿記3級講座

(8)値引・返品・割戻(わりもどし)

ここまでで基本的な商品売買の仕訳を勉強してきました。ところで商品を仕入れたり、売ったりしていると、値引きや返品ということも起こりえます。 値引きっていったら大阪のおばちゃんだね!...
簿記3級講座

(9)現金

現金 今回のお題は現金です。 おお、お金そのものですな。 そうだね。でも会計上、現金はお金そのものだけじゃないところがポイントです。通貨代...
簿記3級講座

(10)当座預金

当座預金 前回現金の勉強をしましたが、現金に似たもので当座預金があります。 ああ、銀行に預けてるお金だね。 そう。これもすぐに現金として引...
簿記3級講座

(11)会計処理は複数存在している?

今回は簿記3級の範囲じゃないけれど、知識の裏づけのために一読お願いします。 はい。 例えば全く同じ内容の取引をしたとしても、A会社は①という...
簿記3級講座

(12)仕訳と勘定の関係

仕訳と勘定の関係 ちょっといいかな。 ん? なにかな? いまさらだけど、仕訳と勘定の関係がよくわからないんだよね。 ...
簿記3級講座

(13)その他の債権・債務

その他の債権・債務 売掛金、買掛金、手形という債権・債務はすでに学習しました。今回はその他の債権・債務についてです。 まずは貸付金(かしつけきん)・借入金(かりいれきん)。これ...
タイトルとURLをコピーしました